YUTOLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリキュアの数字ブログ

プリキュアの数字に関するブログです。数字以外の事も半分くらい。数字に公平であるため広告、アフィリエイトは導入していません。価格.comのプリキュアおもちゃ特集ページ書きました。

ツイッター実況数からみた「プリンセスプリキュア」。実況民が盛り上がったのは、らんこ回。

 

Go!プリンセスプリキュア、終わっちゃいましたね。
個人的にはとても素晴らしい作品だったと思います。

今ではアニメ視聴の際、ツイッターで実況するのも当たり前になってきましたね。

「Go!プリンセスプリキュア」ではツイッターの実況数、どのエピソードのつぶやき実況数が多かったのでしょうか。

 


まとめました。

 (当然メインターゲットである子供は関係ないお話ですので論じるだけ無駄ではあると思います。しかしプリキュアの状況を把握するためには必要ではあると思います。その点はご留意ください)

ツイッター実況数トップ10

ソース元はつぶあに様を参照しています。

(Go!プリンセスプリキュア ツイッター実況数 トップ10)

f:id:kasumi19732004:20160131104138p:plain

最も実況数が多かったのは1話「私がプリンセス?キュアフローラ誕生!」でした。
第1話なのでやっぱり群を抜いて高い数字ですね。

その他、トップ10中に、1~5話までがランクインしており、
当たり前と言えば当たり前なのですが、最初の話数の方がツイート実況数が多いですね。

1~5話、最終回を除けば、実況数が多かったエピソードは

12話「きららとアイドル!あつ~いドーナツバトル!」(30,523)
26話「トワ様を救え!戦うロイヤルフェアリー!」(29,297)
9話「幕よあがれ!憧れのノーブルパーティ!」(28,692)
23話「ず~っと一緒!私たち4人でプリンセスプリキュア!」(28,676)

 でした。


らんこちゃん回や、セミがゼツボーグになる回などネタになりやすのはやっぱり実況数が増えるようですね。

f:id:kasumi19732004:20160131201855p:plain
(12話「きららとアイドル!あつ~いドーナツバトル!)


プリンセスプリキュアの実況数推移

こちらは、「Go!プリンセスプリキュア」全体の推移です。

f:id:kasumi19732004:20160131102551p:plain
(27,28話でガクンと減っているのは、関西地区が甲子園中継で放送が無かったためです。そこからツイッター実況の関西民は全体の約30%位であることが判りますね)

1話から落ち着いてきたところに、22~26話辺り(キュアスカーレット加入直後)で、再度盛り上がりを見せていたことが判ります。
しかしせっかく盛り上がってきた所に、甲子園による関西放送中止でツイッター実況に水を差された感じですね。
その後はちょっと低い数値で安定した推移をしていた様です。

昨年ハピネスとの比較

例年(スマイル以降)と比較すると、「Go!プリンセスプリキュア」の実況ツイート数はこんな感じです。

f:id:kasumi19732004:20160131101556p:plain


(平均値)

f:id:kasumi19732004:20160131120346p:plain

1話当たりの平均値は、昨年「ハピネスチャージプリキュア」の78.4%。
全盛期「スマイルプリキュア」比では48.8%と約半分になっています。

スマイルの時は異常であったとは思いますが、年々、プリキュアの実況ツイート数は減っています。
ちょっと調べたところ、ツイッターのつぶやき数自体は衰退していないようなので、おそらくプリキュア自体のつぶやき数が減っているのだと思われます。

残存率

各シリーズ毎の1~5話と、最終5話分の「実況に参加した人数」の平均を比較して、
「残存率」を出しました。

 要は番組放送当初と、終盤でどれくらいの実況人数が変化しているか調べました。
(もちろん、途中加入、途中離脱も多々ありますが、トータルで見るとこんな感じです)

f:id:kasumi19732004:20160131141633p:plain


(結果)

スマイルプリキュア 94.6%
ドキドキプリキュア 65.2%
ハピネスチャージ  62.0%
Go!プリンセス   77.3%

 

スマイルプリキュアは驚異的な94.6%。
放送当初から、最後までほぼ実況の人数が減っていなかった事がわかります。

ドキドキ(65.2%)、ハピネスチャージ(62.0%)と60%台が続いていた中、
Go!プリンセスプリキュアでは77.3%とドキドキ、ハピネスよりは離脱する人数は少なかったようです。

つまり、

昨年と比較すると、
「実況する人は少なくなっているけど」
「実況する人は、最後まで離脱しない傾向にあった」ということですね。

大友的に離脱しなかったのは(商業的な話は別として)魅力ある作品であったからなのではないでしょうか。

プリキュア実況は夏以降、盛り上がらない。

プリキュアは甲子園中継で年2~3話、関西地区で日曜8:30の放送が無くなります。
当然そうなると、実況ツイート数も関西分が減少します。

問題なのは
「関西での放送中断明け」から、全体的に実況数が少なくなる傾向にあることです。

 これは、スマイルプリキュア以降のつぶやき数の推移ですが、

f:id:kasumi19732004:20160131101556p:plain

あきらかに、どのシリーズでも関西での放送中断の後に、全体的なつぶやき数の減少が見られます。
特にドキドキ、ハピネスなんかは「自然減」で片づけるのはあまりにも不自然に夏以降の減少が見られます。

f:id:kasumi19732004:20160131112409p:plain

 一度「実況の習慣」が途切れると、戻ってこない傾向にあるのでしょうか。
それとも、やっぱり単純に「夏以降は盛り上がらない」だけなのかなあ・・
ちょっと不思議です・・


まとめ

  • 「Go!プリンセスプリキュア」実況ツイート数1位は第1話。
  • 最初5話、最終回を除けば一番盛り上がったのは12話の「らんこ回」
  • 中盤「キュアスカーレット」加入時に実況ツイートも盛り上がりをみせた。
  • つぶやき平均数は昨年「ハピネスチャージプリキュア」の78.4%と減少。
  • ツイート実況を離脱する人は昨年よりも少なかった。
  • 例年通り、夏を越えると実況ツイート数が減少する。

 

 「魔法つかいプリキュア」も盛り上がってくれるといいですね。

 (なんとなくですが、盛り上がるような気がします。)

(おわり)

 

関連記事

prehyou2015.hatenablog.com