プリキュアの数字ブログ

プリキュアの数字に関するブログです。数字以外の事も半分くらい。数字に公平であるため広告、アフィリエイトは導入していません。価格.comのプリキュアおもちゃ特集ページ書きました。

お盆玉って文化があるらしい--プリキュアにおぼんだまをあげると30万円かかる--

 

ちょっと自分知らなかったのですけど、最近「お盆玉」っていうのがあるみたいですね。
これは要するに、お年玉のお盆バージョンです。

 


専用のポチ袋もあります。

 お盆玉とは

お盆玉

年始にあげるお年玉同様、盆休みに孫や親戚の子どもにあげる小遣いのこと

お盆玉(おぼんだま)とは - コトバンク

お年玉同様、お盆休みに孫や親戚の子どもにあげる小遣いのこと、らしいです。

もともとは、山形の一部地域で江戸時代からある風習だったらしいのですが、
それをある企業が2010年に専用のポチ袋を作りだしたのが始まりのようです。

郵便局が2014年から「お盆だま」のポチ袋を売るようになり、一般に浸透してきたみたいですね。

郵便局がお盆玉袋を売ることになった理由については、「郵便局は、手紙や贈りものもそうですが、人と人をつなぐのが役割です。お盆玉袋も、人と人をつなぐきっかけになれば」とのこと。

夏の新定番!? お年玉ならぬ「お盆玉」 - Excite Bit コネタ(1/2)

夏のお年玉…お盆玉/ポチ袋 (スイカ)

もう・・自分はお年玉をあげる立場にになっているので、
さすがにコレ以上の出費は・・勘弁してほしいですよね。

 

お盆玉の相場は、
小学生:1000~3000円
中学生:3000~5000円
高校生:5000~10000円

、とほぼお年玉と同じくらいな様です。

元々、おじいちゃん、おばあちゃんが、孫にあげることを想定しているのだと思いますが、
仮にこれがお年玉並みに定着しちゃうと
「おじいちゃんおばあちゃんから孫へ」から、いつのまにか「親戚の子供に、普通にあげる」に変わっていく日が来るのだろうことは容易に推測されます。

「あげるのが当たり前」「もらうのが当たり前」にはなって欲しくはないなぁ・・
これは断固阻止・・・しないといけないような・・・


でも、ウチのおじいちゃん、おばあちゃんも、孫に何か買っている時は
「仕方ないなあ・・」とか言いながらも、ものすごくうれしそうにしています。

そういった
おじいちゃん、おばあちゃんが孫の笑顔を見たい気持ちもわからないでもないし・・

どうなるんでしょうね、コレ。

「おじいちゃん、おばあちゃんから孫へ」で、留まってくれればよいのですけど。

 

プリキュアにお年玉をあげると24万円かかる。

(で、ここからがある意味本題です。)

かつて、プリキュアにお年玉をあげるといくらかかるのか、という記事を書いたことがあります。

prehyou2015.hatenablog.com

プリキュア全員ににお年玉を上げると、24万6千円かかります。
(ガルパン勢は54万円、アイドルマスター勢は75万円かかることを考えると少ないほうですね。よかったあ。)


もし、今後「おぼんだま」が定着しちゃって、

お正月と同様に、お盆に「おぼんだま」をプリキュア全員にあげることになったとすると、

お年玉と同様に、

小学生 3000円×2=6,000円
中学生 5000円×46*1=230,000円
高校生 10000円×1=10,000円

計24万6000円
かかります。

でも。

よく考えたら、お正月ではなくて、お盆です。
ダークプリキュアとかバッドエンドプリキュアとか、
「すでに消えていった」プリキュアたちも、お盆ならば帰ってくるはずです。

f:id:kasumi19732004:20160608221743p:plain
(バッドエンドプリキュア)

f:id:kasumi19732004:20160609003315p:plain
(ダークプリキュア5)


それを考えると、30万円以上は覚悟しないといけませんね。

お年玉で24万円、おぼんだまで30万。

どうしましょう。
さらに出費が増えてしまいます。

困った、困った。(払う気まんまん)

 

(おわり)

 

 

prehyou2015.hatenablog.com

 

*1:レギュラー42人+満薫、レジーナ、ゆいちゃん