プリキュアの数字ブログ

プリキュアの数字に関するブログです。数字以外の事も半分くらい。数字に公平であるため広告、アフィリエイトは導入していません。価格.comのプリキュアおもちゃ特集ページ書きました。

ベビーフードダイエット問題と「プリキュアグッズを対象外ユーザーが購入する是非」を聞きたい。

 2016.1.16

先日、TVで放送された「ベビーフードダイエット」ってのがちょっと界隈で問題になっているようです。

 

 

自分も子育ての経験があるので、よくわかるのですが、子供って「このベビーフードは食べるけど、これは絶対に食べない」ってのがあるのですよね。
特定の商品が棚から消えるのは、本当に死活問題になる場合があります。
市販品購入しなくても、自作すればいいじゃん、と思うのですけどTVの力って侮れません。


こういったブームなどで、本来の対象から外れた層が特定の商品を買いあさるあまり、本来のターゲット層が迷惑をこうむる、といった現象、よく聞きますよね。




(ここプリキュアのブログなのでプリキュアについて言及します)

これを見て改めて思い出したのですが、

プリキュアグッズには2種類あり、

小さな子供たちに向けられたものと、
大きなお友達に向けられたものがあります。

自分もプリキュア界隈で活動していると、本来のターゲット層(女児)に向けられた商品を購入することが稀にあります。(子供向け食玩とか、マクドナルドのハッピーセットとか)

子育て中は、子供が使うの前提でそういったアイテムを堂々と買っていましたが、自分の娘がプリキュアのターゲットから外れた時に思ったのですよね。
スーパーなどで「自分がコレを購入しちゃったら、本来欲しかった女児に届かなくなるのでは」と。

だから最近は
なるべく、本来のターゲット層の子供達が買えるように、
食玩などは、大きなお友達が使うようなお店で購入するように心がけています。

(こういうのは↓大手家電量販店、オタ向けネットショップでも購入できます。)

キラキラ プリキュアアラモード キューティーフィギュア (3種セット×1個入) 食玩・ガム(キラキラ☆プリキュアアラモード)

魔法つかいプリキュア! キューティーフィギュア+ (2種セット×1個入) 食玩・ガム(魔法つかいプリキュア! )


しかし、たまに衝動に負けてスーパーなどで買っちゃうことがあります。
(ハッピーセットの誘惑がすごい)

なるべくそういった行動は控えつつも、

どんなグッズであろうとも、とにかく買った方が売り上げに繋がり、プリキュアの継続に貢献できるのでは、とも思うのです。

ここが難しいところですよね。

本来のターゲット層に届いてほしいのですけど、売れないままでいるよりは、購入して売り上げに貢献した方が良いのかな、と。

「さあ、子供達、欲しいグッズを買いなさい、余ったものはおじさんが買うよ」ってなれば一番良いのですけどね。

なかなか良い案が見つかりません。どうすれば良いのでしょうか。

2017年の新プリキュア「キラキラ☆プリキュア アラモード」は特に大きなお友達界隈の期待が尋常じゃない感じがします(ネット上の盛り上がり方がスマイルプリキュアの時によく似ています。)

なにはともあれ、本来のターゲット層に迷惑をかけないように、自分も気を付けて行動していきたいと思います。 

あ、大人向けに作られているプリキュアグッズは別ですよ。どんどん買っていきたいと思います。

自分は、今後も
プリキュア活動をする上では「子供に迷惑をかけちゃいけない」
これを大前提としていきたいと思います。

自戒を込めて書きました。

 

(おわり)