プリキュアの数字ブログ

プリキュアの数字に関するブログです。数字以外の事も半分くらい。数字に公平であるため広告、アフィリエイトは導入していません。価格.comのプリキュアおもちゃ特集ページ書きました。

プリキュアライブ、子供の席が分かれていなかった問題。

 

 

2017年10月7(土)キラキラ☆プリキュアアラモードのライブが開かれました。

『キラキラ☆プリキュアアラモードLIVE2017 スウィート☆デコレーション』10月7日(土)開催概要決定! | ニュース | キラキラ☆プリキュアアラモード-東映アニメーション

 プリキュアでこういった「声優さんと歌手が一同に会してキャラソンを歌う公式のライブ」は実は初めてなのですよね。

自分も死ぬほど行きたかったのですが、どうしても都合がつかず断念しました。
ライブに参戦された方、きっと一生の思い出になった事でしょう。
次がある様ならば、一緒に行きましょうね。

プリキュアライブ行った人のツイッターのタイムライン等眺めて
「みんな楽しそうで良かったなーー」
「来年あるようならば、行きたいなーー」
と思っていたのですけど、

その中でちょっと気になるTLが流れてきたのですよね。

小さな子供が見えなかった?


席は全席指定で、今回は親子席などの措置はなかった様です。
(自分はライブに行ったわけでは無く、知人から聞いた話と、ツイッターなどの情報を元に書いています。間違い等ございましたらご指摘ください。)
 

 
一部で「大きなお友達が立ってしまうので、小さな子供達が見れなかった」という事があった様です。
しかしこれは思うのですけど、
「大きなお友達」が必ずしも悪いわけでは無いと思うのですよね
子供用(親子用)の席が無いことの方が問題なのです。

「一般の大人席と、子供達(親子連れ)の席を分ける、って処置は難しかったのでしょうか。

今回のライブイベントは通常の(着ぐるみの)プリキュアショー等とは違い「大人も子供もた楽しんでね」というイベントだと思うのです。
だからこそ「大人も子供も双方が気兼ねなく楽しめる」方が良いですよね。

 アイカツ!やプリパラの場合

例えば、アイカツ!のライブでは昼の「ファミリータイム」と夜の「ナイトタイム」に分かれていますし、プリパラのライブでは親子チケットが売られ「親子チケットは”専用の指定鑑賞エリア内”での全席指定」とする措置を取っています。

これらは「小さい子供メイン」でありながらも「大きなお友達」も対象内に入るイベントでは必須事項だと思うのですよね。
(しかし今回のプリキュアライブは、テレビCMや子供向け雑誌などでの告知はなく、ウェブ媒体での告知がメインであったと思われます。運営サイドもライブの対象としては「大人」をメインとして捉えていたのが、予想以上に子供の来場が多かったのでしょうか。)

「子供が来場するイベントのプロフェッショナル中のプロフェッショナル」であるはずのプリキュアイベント運営です。今後の改善に期待したいと思います。
今回で色々と分かったことがあると思うので、今後は大人も子供も十分に楽しめるライブに改善されていくと思います。

ごく一部の人の問題だった?

ただ、この記事にあるように、

『キラキラ☆プリキュアアラモード LIVE2017スウィート☆デコレーション』に行ってきた - むしゃくしゃしてやった,今は反省している日記

しかし「お互いのためにも」やっぱり子供席はあった方が良いかな、と思います。

大人ファンが90%、親子連れは10%で、大人のほとんどは着席して盛り上がっていた、とあるようにあくまで一部での問題だったのかもしれません。

 何が言いたかったかというと、
「ちっくしょう!来年こそは行ってやるからな!」
って事です。

(おわり)

 

(補足)

id:damehobbyanimelike-913 様:これはひどい。子どもが主役なのに。

>>一応補足いれますと、今回のライブは通常のプリキュアショーの様に決して「子供が主役」のイベントではなく、「大人も子供も楽しんでね」というライブイベントだと思われます。だからこそ、双方が楽しめる作りにして欲しいな、と思っています。