YUTOLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリキュアの数字ブログ

プリキュアの数字に関するブログです。数字以外の事も半分くらい。数字に公平であるため広告、アフィリエイトは導入していません。価格.comのプリキュアおもちゃ特集ページ書きました。

プリキュアの東映アニメ版権売上(2016.10~12月)が発表。順調に回復中です!。

東映アニメーションの平成29年3月期 第3四半期決算の数字が出ました。
これは2016年の10~12月の数字ですね。

http://corp.toei-anim.co.jp/files/201703_3Q_keisu.pdf

プリキュアの国内版権は1.76億円でした。
つまり、こうなります。

 

年度別売上(4月~翌3月)

東映・国内版権売上(通期、DX版権含む)


2003年度:*1.66億(      0.19+1.47)
2004年度:*9.75億(1.34+2.27+2.28+3.86)
2005年度:11.53億(3.33+3.15+1.99+3.06)
2006年度:*6.17億(1.66+1.25+1.37+1.89)
2007年度:10.51億(2.05+2.48+2.55+3.43)
2008年度:*9.64億(2.16+2.04+2.40+3.04)
2009年度:11.95億(2.48+2.65+2.84+3.98)
2010年度:12.52億(3.18+2.68+2.84+3.82)
2011年度:10.46億(2.07+2.18+3.02+3.19)
2012年度:10.61億(2.40+2.53+2.46+3.22)
2013年度:*9.77億(1.92+2.17+2.60+3.08)
2014年度:*7.59億(1.79+1.69+1.96+2.15)
2015年度:*5.94億(1.24+1.29+1.63+1.78)
2016年度:* .  億(1.25+1.56+1.76   )

f:id:kasumi19732004:20170127200844p:plain

最新IR資料一式|IR資料|IR情報|東映アニメーション株式会社 よりデータ抜粋

 

作品別売り上げ

作品別は、上記年度年度別数値をプリキュアの放送期間に合わせて
1~12月で再集計したものです。
(企業が出す公式なカウント方法ではありません)

初代:7.55億(1.66+1.34+2.27+2.28)
MH:12.33億(3.86+3.33+3.15+1.99)
SS:7.34億(3.06+1.66+1.25+1.37)
Y5:8.97億(1.89+2.05+2.48+2.55)
5G:10.03億(3.43+2.16+2.04+2.40)
フレ:11.01億(3.04+2.48+2.65+2.84)
ハト:12.68億(3.98+3.18+2.68+2.84)
スイ:11.09億(3.82+2.07+2.18+3.02)
スマ:10.58億(3.19+2.40+2.53+2.46)
ドキ:*9.91億(3.22+1.92+2.17+2.60)
ハピ:*8.52億(3.08+1.79+1.69+1.96)
Gプ:*6.31億(2.15+1.24+1.29+1.63)
魔法:*6.35億(1.78+1.25+1.56+1.76

f:id:kasumi19732004:20170127201234p:plain

最新IR資料一式|IR資料|IR情報|東映アニメーション株式会社 よりデータ抜粋

 

そもそも「国内版権売り上げとは」

f:id:kasumi19732004:20170127201735p:plain

版権事業|IR情報|東映アニメーション株式会社

当社制作の作品のキャラクター使用許諾をライセンシー(メーカー等)に与え、キャラクター商品(玩具、文具、衣類、食品等)を展開

事業内容|IR情報|東映アニメーション株式会社

 

 プリキュアでいえば、オモチャや、文房具(ぬりえとか)、衣類、食品(カレーとかふりかけとか)の使用許諾をメーカーに与えて利益を出している事になりますね。
(今後はアプリゲームなども含まれてきます。)

 

国内版権売り上げは回復傾向

2016年3Q(10~12月)の国内版権売り上げは1.76億。
前年同期(1.63億)と比較して108%。

2015年度:*5.94億(1.24+1.29+1.63+1.78)
         ↓  ↓  ↓
2016年度:* .  億(1.25+1.56+1.76   )

2015年度と比較して、全ての期で、前年同期を上回っています。
プリキュアの国内版権売り上げは「回復傾向」ですね。


プレゼンテーション資料にも「回復基調」も文字がみられました。

f:id:kasumi19732004:20170127203045p:plain

引用:http://corp.toei-anim.co.jp/files/201703_3Q_presen.pdf


この版権売り上げが回復傾向というのは、つまり今まで不調だった「アパレル」「文具」といった部分も少しづつ回復してきている証なのではないでしょうか。

次からは、スマホ用ゲームアプリの数字も加算されてきますので、さらなる上昇が見込まれます。

2013~2015年の「妖怪ウォッチ」「アイカツ!」といったコンテンツに侵食されていた時代から少しづつ回復してきている様です。

 

※バンダイの3Q売り上げは206年2月7日(火)の予定です。


(おわり)