読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリキュアの数字ブログ

プリキュアの数字に関するブログです。数字以外の事も半分くらい。数字に公平であるため広告、アフィリエイトは導入していません。価格.comのプリキュアおもちゃ特集ページ書きました。

プリキュアシリーズのバンダイトイホビー売り上げについて

各種数値 各種数値-バンダイトイホビー売り上げ

2015.11.05

バンダイナムコの2016年3月期 プリキュアトイホビー売り上げ2Q(7~9月)決算が発表されました。

 プリキュアのトイホビー売り上げ(Go!プリンセスプリキュアの7~9月)は

2Q(7~9月)で18億円でした。

通期計画に変更はありません。
引き続き年間85億を売っていく予定の様です。

 

f:id:kasumi19732004:20151105200809p:plain

プリキュアをまとめると、こうなります

 

(年度別と作品別は集計期間が違うだけです*1

バンダイナムコ トイホビー部門 売り上げ

年度別(4月~翌3月)

2004年度:101億
2005年度:123億( 72 +34+17)
2006年度: 60億(18+15+10+17)
2007年度:105億(17+34+28+26)
2008年度:105億(28+27+20+30)
2009年度:119億(23+34+28+34)
2010年度:125億(32+36+28+29)
2011年度:107億(26+26+22+33)
2012年度:106億(28+29+18+31)
2013年度: 98億(24+25+16+33)
2014年度: 65億(19+17+09+20)
2015年度:  億(16+18    )←New!



作品別(1~12月)

17+18+15+10= 60億 ふたりはプリキュアSplashStar
17+17+34+28= 96億 Yes!プリキュア5
26+28+27+20=101億 Yes!プリキュア5GoGo!
30+23+34+28=115億 フレッシュプリキュア!
34+32+36+28=130億 ハートキャッチプリキュア!
29+26+26+22=103億 スイートプリキュア!
33+28+29+18=108億 スマイルプリキュア
31+24+25+16= 96億 ドキドキプリキュア
33+19+17+ 9 = 78億 ハピネスチャージプリキュア
20+16+18    =    Go!プリンセスプリキュア←New!

(トイホビー売り上げは、よく「玩具売上げ」と勘違いされるのですが、玩具、食玩、生活用品、文具、アパレル等全てを含んだ数値です。(データカードダスも光るパジャマも食玩も塗り絵なども含まれます。)

(積み立て棒グラフ)

年度別(4月~翌3月)

f:id:kasumi19732004:20151105201653j:plain

 

作品別(1~12月)

f:id:kasumi19732004:20151105201702j:plain

 

↓こっちは、特に緑色の通期計画の推移(どの時点で上方/下方修正かかっているのか)を見ると面白いです。

f:id:kasumi19732004:20151105214540j:plain

 

 Go!プリンセスプリキュア 2Q(7~9月)は18億でした。
昨年ハピネスチャージの同期(2Q)は17億だったので、同期でみると昨年より少し回復しました。

 良い傾向ですね。
10月末に公開された映画も、初動の興行収入が昨年よりも回復してきていますし、

 (参考)

だんだん、数字も回復してきていますね。

このまま回復していってくれると良いですね。

ただ、通期計画85億を達成するのはかなり難しいのではないのかな、と思います。
しかし、通期計画を下方修正かけなかったのは(昨年はこの時期に100億→80億の下方修正がかかりました)、足元の数字が良いのではないのかと思います。

この2Qの時点では、昨年よりも計画値が上です。(ハピネス80億、Goプリ85億)
昨年よりは復調してきている手応えがバンダイにあるのかもしれませんね。

あと、他アニメを気にしている場合ではないのですが、アイカツの落ち込みがちょっと顕著ですね。こっちも頑張って欲しいのですが・・。


 

 (関連記事)

prehyou2015.hatenablog.com

 

 

 



*1:公式には東映アニメの決算に合わせた4月から翌3月の「年度別」の数字ですが、それだと実放送の期間に合わないため、ネット民が勝手に再算出したのが、1月~12月の「作品別」になります。