YUTOLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリキュアの数字ブログ

プリキュアの数字に関するブログです。数字以外の事も半分くらい。数字に公平であるため広告、アフィリエイトは導入していません。価格.comのプリキュアおもちゃ特集ページ書きました。

声優さんは赤ちゃんの月齢を演じ分ける。

f:id:kasumi19732004:20170226093458p:plain
画像引用:http://www.toei-anim.co.jp/tv/fresh_precure/character/main.html

 

 プリキュアの元プロデューサーの梅澤淳稔さんのツイッターでこんなつぶやきがありました。

 

フレッシュプリキュア!において、
こおろぎさとみさんが、シフォン(赤ちゃん妖精)を演じる際に、

「シフォンは人間の赤ちゃんでいると何か月くらいですか?」と梅澤Pに質問。

「え?月齢で演じ分けできるの?」驚愕する梅澤P。

ニッコリ微笑むこおろぎさとみさん。

「じゃあ、8か月設定でお願いします」と梅澤P。

放送初期は最初は8か月設定、以後シフォンの成長に合わせて声の演技を変える。

 

f:id:kasumi19732004:20170226093458p:plain

 

実際、これ読んでからフレッシュプリキュアの初期と後半を見てみましたが、確かにシフォンちゃん同じ「プリプー」でも初期と後半の片言でしゃべるようになってからの声が違うのですよね。(1年連続で見ていると気づかないかもですが、1話と最終回を見ると明らかに違うことがわかります。)

これはシフォンを演じられたこおろぎさとみさんがすごいのか、ベテラン声優さんであれば「赤ちゃんの月齢を演じ分ける」事など造作もない事なのか判断は付きませんが、なにはともあれ「声優さんってすごい」と再認識しました。

こおろぎさとみさんと言えば、「機動戦士Vガンダム」の時も、

カルルマン・ドゥカートゥス(1歳児)
スージィ・リレーン(9歳女児)
コニー・フランシス(シュラク隊の成人女性)
フランダース(犬)
と赤ちゃん、女児、成人女性、犬を演じ分けしていました。

ものすごい方なのですよね。

プリキュアの妖精役を演じられる声優さんは、ベテラン声優さんが起用される事も多く、こういった事が新人声優さんを育て、プリキュアという作品に厚みをもたせているのかもしれませんね。

(おわり)

シリアスなシーンなのにパンチラしないか気になって物語に集中出来ない病。

(ものすごく、くだらないお話ですし、プリキュア関係ないですし。数字も無いですし。)


もう、タイトルが言いたい事の全てなのですけど、
どうも自分は、
「アニメ等のシリアスなシーンなのに、パンチラが気になって物語に集中できない病(やまい)」
を患っているようなのです。

誰か・・
誰か・・
自分以外にこの病を患っている人はいませんか・・?

具体的に言うと、

「特に女の子が沢山でてくるアニメとかで、感動的な再会シーンとか、緊迫感漂うシリアスなシーンなのに、女子のミニスカートがヒラヒラしてて、パンチラしないかが気になって気になって、そっちばかりに目がいってしまい、物語に集中出来ない病」です。

何を言っているのかわからない人の為に説明すると、

例えば、

「ラブライブ!サンシャイン!!」

9話で「お互いの事を想うあまりにすれ違っていた」3年生の2人が本音をぶつけ合い、お互いの本当の気持ちを知って仲直りするっていう感動的な一幕があるのですが、こういうシーンで

f:id:kasumi19732004:20170223213937p:plain

(見え・・)

その後に、紆余曲折あってようやく9人そろったAqours(アクア)がそれはそれは美しい感動的なライブを行うのですが、その時に挿入されるシーンが

f:id:kasumi19732004:20170223214132p:plain

(見え・・)
もう、本能的にスカート側に目が行ってしまい、「感動的なシーン」に集中できないのです。


「響けユーフォニアム2」
こちらは「どこ」というわけでは無いのですけど、登場人物全員スカートが短いので、もう、どこのシリアスなシーンでも、どんな感動するシーンでも、その度に「見え・・」ってなるのです。

f:id:kasumi19732004:20170224002222p:plain

f:id:kasumi19732004:20170223232704p:plain
え?自分だけ・・?

「君の名は。」

物語後半、「村の危機回避までに時間が無い!」ってなった時に、中身が瀧君の三葉ちゃんが山頂まで必死に自転車をこぐシーンがあるのですが、立ち漕ぎしている三葉ちゃんのスカートがヒラヒラしているのです。
もう、そっちばかりに気が行ってしまい「シリアスなシーン」に集中できないのです。

 

この症状って自分だけ?


別にね、パンツが見たいわけではないのですよ。

「ラブライブ!」とか「響け!ユーフォニアム」とかは見えないのは十分に承知しているのです。

しかし。
しかしどうしても「本能的に」視線が行ってしまうのです。

(思えば発症したのは「魔女の宅急便」だったような気がする)


女子はドン引きかもしれませんが、男子はかなり罹患率が高い気がするのだけどなぁ・・。

「シリアスなシーンなのにパンチラしないか気になって物語に集中出来ない病」

誰か・・。
誰か・・・・。

同じ病を患っている人、いませんかー?

 

(おわり)

prehyou2015.hatenablog.com

皆プリキュアの数字に興味がない説とかプリキュアの誕生日プレゼントに50万円かかる説とか(小ネタ)

今後は「ブログに書くほどではない小ネタ」はツイッターに上げようかな、と思います。
時間が取れなくて、時間のかかる系の記事がなかなか書けないのですけど、小ネタは書きたいのです。

(↓こういうの)

(その1)

キラキラ☆プリキュアアラモード5人の誕生日設定が公式サイトで発表になっています。

宇佐美いちか 1月7日
有栖川ひまり 4月16日
立神あおい 8月27日
琴爪ゆかり 6月11日
剣城あきら 9月24日
、だそうです。

2017年は「全員、誕生日が日曜日」なのは放送日にプレゼントなど誕生日企画やるのでしょうか?
それとも「プリティストア」でまた大きなお友達から搾取するイベントでもやるのでしょうか・・?

あと、誕生日が設定されているプリキュアを並べてみました。

プリキュアの誕生日が設定されているのは、初代とスプラッシュスター、およびドキドキの初期4人、Go!プリンセスプリキュア、魔法つかいプリキュア!の初期2人、キラキラ☆プリキュアアラモードです。

雪城 ほのか:4月4日
美墨 なぎさ:10月10日
九条 ひかり:9月9日
日向 咲:8月7日
美翔 舞:11月20日
相田 マナ:8月4日
菱川 六花:9月17日
四葉 ありす:5月28日
剣崎 真琴:11月4日
春野 はるか:4月10日
海藤 みなみ:7月20日
天ノ川 きらら:9月12日
紅城 トワ:12月15日
朝日奈 みらい:6月12日
十六夜 リコ:11月12日

 (ドキドキプリキュア4人の誕生日は担当声優さんの誕生日と同じですよね。)


あと、女子中学生の誕生日プレゼントは平均10000円だそうです。

中学生の女の子はおしゃれに興味を出てきたり、趣味もいろいろ増えてくるので、親や大人からのプレゼントは平均10000円前後の物がいいと思います。

小学生・中学生女子が喜ぶ誕生日プレゼント | Happy Birthday Project


えーと。
誕生日設定されているプリキュア20人全員に誕生日プレゼントを差し上げるとすると、年間20万円かかります。

しかしそれではやっぱり不公平なので、
プリキュア全員*1にプレゼントをあげるとすると年間50万円はかかります。

これは大変です。
結構な金額です。
どうやって捻出すればよいのでしょうか・・?

しかし、今どきの女子中学生の誕生日プレゼントって1万円もかかるのか・・・。
3000円くらいじゃないのか・・・・。

マジで・・?


しかし、こういった様に「キャラクターに誕生日が設定される」と、この先ずっとずっとファンに祝ってもらえる様になるので、それはお互いにとって、ものすごく良い事だと思うのです。


きっと、今年も、来年も、再来年も、ずっとずっと、ずっと。

ツイッターやブログなどで様々なプリキュアたちが「誕生日おめでとーー」って祝福されるのでしょうね。

祝福する方もとっても素敵ですよね。
キャラクターを創造した人たちも喜んでいるのではないでしょうか。

 

(その2)

作りました。

f:id:kasumi19732004:20170221205712j:plain

 

画像:シルエット イラストの無料ダウンロードサイト「シルエットAC」

 キュアジェラートちゃん、でかい。
リス、捕食されそう。

 

(その3)

落語家、三代目 桂枝太郎さんがイベントでプリキュアの握手会の後に落語をやる事になったようで、

プリキュアの握手会の直後にやる落語・・・

結果、落語は上手く行ったようで良かったです。

この後、つぶやきは消えていますが、プリキュアの落語をつくって欲しい、みたいな依頼が雑誌社からあったりしたようです。

#プリキュア落語 hashtag on Twitter

 プリキュア落語のハッシュタグが出来ていました。

(その4)

 「キラキラ☆プリキュアアラモード」にも「☆」がありますが、
自分、手描きの「☆」は、3で描きます。

 

(その5)

 

自分もキュアジェラートの変身シーンはものすごいと思いました。
思わず勢いで書いた記事がかなりの反響がありました。

prehyou2015.hatenablog.com

 80ブクマも頂き、PVも5桁越えしました。
で、ですね。
30分で勢いで書いたこの記事が、
1年間ずっと数値を取り続けてものすごい時間をかけて書いた記事、
「まほプリの残した数字」のPVもブクマ数もあっさりと越えていきました。

prehyou2015.hatenablog.com 

 キュアジェラートちゃんの反響が良いのは嬉しいのですけどねーー。
みんなプリキュアの数字に興味ないのかなぁ・・・。

まあ、数字取得は趣味なので取り続けるのですけれどもね。

(おわり)

*1:プリキュアオールスター基準

NHKアニソンベスト100を「年代別」に集計してみた。

2017.2.20

一部年代にミスがありましたので修正しました。
(ロードス島:80年→90年、Zガンダム:90年→80年、WHITE ALBUM:2010年→2000年、蒼穹のファフナー:2010年→2000年)


NHK「アニソンベスト100」が発表になりました。

www.nhk.or.jp

1位、2位が「ラブライブ」、3位が「TGER&BUNNY」、4位が「ユーリ!!! on ICE」という比較的近年の作品が上位に入りました。

id:potekenpi:直近5年ぐらい除けばまぁ妥当なんじゃない。誰か年代ごとに分けて見れるようにしてくれ。

 このランキング、ベスト300まで発表されていますが、確かに近年の作品が多く(それはそれでよいのですけど)、「年代別」に分けた方がなんとなく傾向が見えるかも、ということで年代別に分けてみました。
(別に他意はなく、純粋に自分が見て見たかっただけです)

続きを読む

キュアジェラート、という奇跡。

(数字に関係の無いお話です。)

キラキラ☆プリキュアアラモード3話「叫べライオン!キュアジェラート!」が放送されました。

もうね。
キュアジェラートの初披露回だったのですが久しぶりに「ものすごい物を見た」のです。

続きを読む