YUTOLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリキュアの数字ブログ

プリキュアの数字に関するブログです。数字以外の事も半分くらい。数字に公平であるため広告、アフィリエイトは導入していません。価格.comのプリキュアおもちゃ特集ページ書きました。

プリキュア2016年トイホビーは75億と絶好調。昨対113%と回復傾向です。

2017年5月10日
バンダイナムコの2017年3月期決算短信が発表されました。 

http://www.bandainamco.co.jp/cgi-bin/releases/index.cgi/file/view/5721?entry_id=5237


決算の数字としては、
2016年4月~2017年3月までの1年間で
プリキュアのトイホビー売り上げは75億円でした。

昨年対比で113.6%と、確実にプリキュアの売り上げは回復傾向にあります。

 期間としては、2016年4月(魔法つかいプリキュア!)~2017年3月(キラキラ☆プリキュアアラモードの2ヶ月分)の結果ですね。

f:id:kasumi19732004:20170510202916p:plain
2014年「ハピネスチャージプリキュア!」の頃に妖怪ウォッチなどの猛攻を受け一時は落ち込んでいたプリキュアのトイホビー売り上げは、ここ3年間で徐々に回復してきています。

数字的にはこうなります。

トイ部門・売上
年度別(4月~翌3月)
2004年度:101億
2005年度:123億( 72 +34+17)
2006年度:*60億(18+15+10+17)
2007年度:105億(17+34+28+26)
2008年度:105億(28+27+20+30)
2009年度:119億(23+34+28+34)
2010年度:125億(32+36+28+29)
2011年度:107億(26+26+22+33)
2012年度:106億(28+29+18+31)
2013年度:*98億(24+25+16+33)
2014年度:*65億(19+17+*9+20)
2015年度:*66億(16+18+10+22 )
2016年度:*75億(16+20+13+26)


作品別(1~12月)
17+18+15+10=*60億 ふたりはプリキュアSplashStar
17+17+34+28=*96億 Yes!プリキュア5
26+28+27+20=101億 Yes!プリキュア5GoGo!
30+23+34+28=115億 フレッシュプリキュア!
34+32+36+28=130億 ハートキャッチプリキュア!
29+26+26+22=103億 スイートプリキュア!
33+28+29+18=108億 スマイルプリキュア
31+24+25+16=*96億 ドキドキプリキュア
33+19+17+*9=*78億 ハピネスチャージプリキュア
20+16+18+10=*64億 Go!プリンセスプリキュア 
22+16+20+13=71億  魔法つかいプリキュア
26+                          キラキラ☆プリキュアアラモード

(この作品別ってのはプリキュアの放送期間に合わせて1~12月で再集計したものです。従い公式なものではありません)

(トイホビー売り上げは、玩具の他、アパレル、食玩、文具、生活用品等を含みます)

(グラフ)

(年度別トイホビー(4月~翌3月)売上)
企業の決算に基づいた集計です。

f:id:kasumi19732004:20170510201252p:plain

(作品別 トイホビー(1~12月)売上げ)
作品の放送期間に合わせて1~12月で集計したものです。(公式な集計ではありません)

f:id:kasumi19732004:20170510201319p:plain

 

(思う事)

とりあえず、プリキュアは回復傾向にあることは間違いないものと思われます。
75億という決算数値は、その表れですよね。

2014年に妖怪ウォッチなどに侵食されて大きな売り上げ減となってからも、一つ一つを確実に積み重ねてきた成果だと思います。

一度落ち込んだ数値を回復させるのは、なかなかに困難な事だと思われますが、さすがのプリキュアブランドは健在でした。

2016年のプリキュア好調の要因としては、「おしゃべり変身モフルン」や「リンクルスマホン」といた大ヒットした玩具が牽引したものと思われますが、トイホビー売り上げは「おもちゃ」だけが売れていても上がる数字では無いのです。

プリキュアの「アパレル」「食玩」「文具」「生活用品」なども、回復してきている傾向にあるものと思われます。

特に「食玩」「ガチャポン」は目に見えて回復してきている感じを受けます。

1つ2つのヒット玩具の存在だけでは売り上げは回復しません。

玩具だけではなく、秋の映画「奇跡の変身!キュアモフルン」も一昨年の興行収入(5.6億)を上回っている(6.7億)事などを見ても2016年の「プリキュア」が子供達に受け入れられていた事は間違いないものと思われます。

懸念事項

 ただ、1つ懸念事項としては、

実は今期の「通期見込み」は77億だったのですよね。

つまり、トイホビー売り上げは75億と立派な数値ながらも「計画未達」で終わってしまいました。

これはクリスマスシーズンの数値が悪かったのか、それとも1~3月の数字が期待ほど伸びなかったのかは判りません。

ちょっとそこだけは気になります。

プリキュアは定番IP

今回の決算短信においても

国内においては、「機動戦士ガンダム」シリーズや「仮面ライダー」シリーズ、「スーパー戦隊」シリーズ、「プリキュア」シリーズなどの定番IP商品が好調に推移

http://www.bandainamco.co.jp/cgi-bin/releases/index.cgi/file/view/5720?entry_id=5236

 という記述が見られました。

実はちょっと前からこの「定番IP」という言葉は使用されてきているのですが、
バンダイにとってプリキュアは、ガンダムや仮面ライダー、スーパー戦隊と同列の「定番IP」なのです。

この「定番IP」という記述がみられるうちは、プリキュアも比較的安泰ではあるものと思われます(定番IPをバンダイがそう簡単に終わらせるわけありません)

とはいえ、何が起こるかは判りません。

「キラキラ☆プリキュアアラモード」も業界紙などを見る限り、好調なスタートを切っている様です。

夏頃には、次の「仕掛け」も来るでしょうし、今後も推移を見守っていきたいと思います。
(ただ・・・最近のプリキュアのクリスマスシーズンの弱さは何とかしてもらいたいですよね・・)

(おわり)


 

 (関連記事)

prehyou2015.hatenablog.com

prehyou2015.hatenablog.com

 

マストドンのプリキュアインスタンスに参加してみます。

ちょっと流行に乗ってみよう、と今話題のマストドン*1mastodon)のどこかに参加してみようかなと思っていた所、

いつも読まさせて頂いているプリキュア好きのエンジニアid:sue445様のブログ記事で

プリキュアが始まる前にトゥートするmastodonボットなどを作った - くりにっき

 mastodonのプリキュアインスタンスがある事を知りました。

これは乗らない手は無いと思い、ちょっと参加してみる事にしました。

しばらくは、このプリキュアインスタンス(precure.ml - きゅあったー)に参加しようと思います。

precure.ml

(管理人様の許可を取り紹介しています。)


ざっと見た感じ今は比較的落ち着いている感じなので、ゆっくりまったり楽しみたいと思います。
確かにちょとだけ「懐かしい」感じがしますね。マストドン。

 

まだ、ほとんどトゥートしていないのでこんな事いうのも何ですが、
マストドンではちょっとハジけようかな、と思っていたりもします。

 

f:id:kasumi19732004:20170508222531p:plain

マストドンのプリキュアインスタンスのイメージ

 

(おわり)

*1:ざっくり言うとツイッターみたいな短文投稿SNSの新しいすごいヤツ

プリキュアポーカーの遊び方。

f:id:kasumi19732004:20170507173911j:plain

プリキュアポーカーの遊び方

参加人数

2~4名(親を含む)

使用カード

プリキュアカード 60枚
(オールスター基準のプリキュア51名+サブキャラクター9名の60枚)

遊び方

ドローポーカーのルールを基本とする。
プレイヤーは配られた5枚のカードから、1~5枚の任意のカードを交換しながら役を作っていく。

詳細ルールは後述。

役一覧 


1:ストレートフラッシュ

f:id:kasumi19732004:20170506231204j:plain
同じ色のプリキュアで揃えつつ、シリーズの放送順に並んでいる役。
最新作を含むストレートフラッシュはロイヤルフラッシュになる。

 

2:フラッシュ

f:id:kasumi19732004:20170505144119j:plain
同色のプリキュアを5枚揃える。
例はイエローフラッシュ。
各カラーにより、プリキュアの人数が異なるため、役の難易度が変わる。
レッド>ブルー>イエロー>ピンクの順で揃い難く、点も高い。
緑、紫はそもそも5枚揃わない。

 

3:ファイブカード

f:id:kasumi19732004:20170505175810j:plain

同じプリキュアシリーズのキャラを5枚揃える。


4:フォーカード

f:id:kasumi19732004:20170505175818j:plain

同じプリキュアシリーズのキャラを4人揃える。
(5人以上のプリキュアがいるシリーズでも4人揃えば役とみなす)

 

 5:ツーペア

f:id:kasumi19732004:20170505144142j:plain

2組のペアから成る。

6:ワンペア

f:id:kasumi19732004:20170505144149j:plain

 1組のペアから成る。

(特別役)

プリキュアポーカーのみの特別な役。
レジェンドf:id:kasumi19732004:20170505144201j:plain

「ふたりはプリキュアMaxHeart」と「ふたりはプリキュアSplash☆Star」の5人から成る役。伝説はここから始まった。

 

追加戦士f:id:kasumi19732004:20170505144357j:plain
プリキュアにおける追加戦士5人で構成された役。
上記の他、キュアサンシャイン、キュアムーンライト、キュアビート、キュアミューズ、キュアスカーレットなども使用可能。

 

女子幹部 f:id:kasumi19732004:20170505175905j:plain

敵組織の「女性幹部」5人から構成された役。上記の他、トワイライト等も使用可能。

 

ハピネス f:id:kasumi19732004:20170505144222j:plain

ハピネスチャージプリキュア!の中核を再現した役。5枚目はキュアハニーでも役が成立するものとする。

プリキュアアイドルシリーズ

プリティストアで展開されている「プリキュアアイドルシリーズ」は全て役とする。

(例)
ハルカノゾムミライ

f:id:kasumi19732004:20170507180946j:plain

White Coat Angels

f:id:kasumi19732004:20170507180959j:plain

 


その他、親が認める範囲でプリキュアの名場面を模した様々な役を作ることが出来る。

 

 ゲームとして成立しない

・・・というゲームを妄想してみたんだけど、


60枚ものカードから5枚を使うので
60=5,461,512

初手で546万通りの組み合わせ総数になるので、おそらくゲームを行っても役がほぼで出来ないと思われます。

ざっと計算する限り、役が成立する確率がどれも数万~数千分の1。
(プリキュアは、色によって、またシリーズによって人数が変わるので、通常のポーカーみたいに4色13枚といった規則性が無く、確率計算が死ぬほどめんどくさいので正確にはやれていません。)

役「レジェンド」は1つの組み合わせしかないので、成立する確率546万分の1

ピンクプリキュア5人を集めるフラッシュでも、(12C5)/(60C5)=792/5461512=1/6895
=6895分の1

おそらく「ゲームとして成り立たないレベル」で役が出来ないものと思われます。
(数十回カードを取り換えて、ようやく下位の役ができる位?)

普通のポーカーの場合は、
ストレートフラッシュで、1/7000
フルハウスで、1/700
スリーカードで、1/47
2ペアで、1/21
1ペアで、1/2.4
位なので、下位の役はコレくらいの確率で成立する位にはしたいですよね。

同じカードを2~4枚に増やして、ドリームスターズのみで構成する、などのブラッシュアップが必要でしょうか。

 しかし、もうちょっとルールとカードの交通整理すれば、それなりに(プリキュアファンには)面白いゲームになりそうな気もします。

良いアイデア、良いルールがあればぜひ教えてください。

あと、実際に誰か作ってください!!(他力本願)

(実際に作る場合は、版権絵カードは使えないので誰かにイラストを描いてもらう必要があると思うのでよろしくお願いします。)

あと関係ないですけど「1ペア」「2ペア」は「無限の可能性」がありますよね。
多分プレイヤーの数だけ、ペアが成立するでしょう。

(自分の場合の1ペアの例)

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kasumi19732004/20170507/20170507103727_original.jpg?1494121058

 ペアは無限の可能性。

こういう事書くと、いろんな所から怒られる。

(おわり)

 

(今回のカード写真はコレを使用しています。)

Go!プリンセスプリキュア オールスターキラキラトレーディングコレクションBEST BOX魔法つかいプリキュア!カードガム 20個入 食玩・ガム(プリキュア)

 

 

プリキュアアイドルシリーズのまとめ。


プリキュアアイドルシリーズも5弾まで来て、
そろそろごちゃごちゃになって
「あれ?誰がどのユニット?」、「いつアイドルになったんだっけ?」
ってなってきたのでまとめておきます。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kasumi19732004/20170505/20170505214449_original.png?1493988301

 第1弾(2016年4月29日発売) 

MysticDiva
→黒川エレン、剣崎真琴
Triple♡
→桃園ラブ、相田マナ、愛乃めぐみ
うらら★きらら
→春日野うらら、天ノ川きらら

 

 

第2弾(2016年7月16日発売) 

MVP
→美墨なぎさ、日向咲、夏木りん、日野あかね、緑川なお
ハルカノゾムミライ
→夢原のぞみ、春野はるか、朝日奈みらい
おしゃれぼりゅーしょん
→来海えりか、白雪ひめ

第3弾(2016年10月30日発売)

あなたの心を見透かし隊
→雪城ほのか、花咲つぼみ、月影ゆり、調辺アコ
創シ⇄想アイ
→美翔舞、秋元こまち、星空みゆき、黄瀬やよい
SecretLives
→美々野くるみ、花海ことは

 第4弾(2017年2月25日発売) 

文武繚乱
→明堂院いつき、青木れいか、四葉ありす、氷川いおな
ハレソラコンチェルト
→水無月かれん、北条響
UP TO ME!!
→蒼乃美希、十六夜リコ

 

第5弾(2017年5月3日発売)

Eternal Moment
→イース(東せつな)、トワイライト(紅城トワ)
ほ~む♡めいど
→九条ひかり、南野奏、円亜久里、大森ゆうこ、宇佐美いちか
White Coat Angels
→山吹祈里、菱川六花、海藤みなみ

 

 

参加人数 45名。

キラキラ☆プリキュアアラモード以外はTVシリーズの全てのプリキュアがアイドルになりました。

第5弾(2017年5月3日現在)までで、まだユニットに参加していないのは、

坂上あゆみ

有栖川ひまり
立神あおい
琴爪ゆかり
剣城あきら


あゆみちゃん(キュアエコー)とキラキラ☆プリキュアアラモードの4人です。
今後はどうなっていくのでしょうか?

ところで。

当方名古屋在住なのですが、
ここ名古屋にはプリティストアが無いのです。

こういうの欲しくても買えないんですよう・・。

たまに東京とか大阪に出張行った時にプリティストア行っても、
こういったグッズほとんど売り切れてるんですよう・・。

まあ、地方のプリキュアファンにはいつもの事なのですけどね・・。
(せめて通販とか出来ない・・・ですよね・・)

こういうプリティストア限定グッズが買える環境にある方、自分の分まで頑張って手に入れて、ぜひぜひ楽しんでくださいね。名古屋の地から応援しています。

(おわり)

 

 

日5アニメ枠、鉄血のオルフェンズで終了。プリキュアはニチアサ枠維持大丈夫?

毎日放送制作のTBS系日曜夕方5時アニメ(通称「日5」)の枠が「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」2期をもって、2017年4月に終了しました。 

この枠は2008年4月から2017年4月までの9年間にわたりアニメ放送の枠を維持していました。(その前の土曜日6時を入れると24年にも渡る枠でした。)

鉄血のオルフェンズが直接の原因かどうかは判りませんけど、
この日5アニメ枠終了の要因に「世帯視聴率の低下があるのでは?」と思いちょっと調べました。

下のグラフは、日5枠アニメの世帯視聴率(関東地区)の推移です。 
(世帯視聴率の調査方法:テレビ視聴率(特定の番組) | 調べ方案内 | 国立国会図書館

毎日放送制作 日曜夕方5時アニメの世帯視聴率の推移

f:id:kasumi19732004:20170430223007p:plain

この枠では、2008年のコードギアスR2から2017年鉄血のオルフェンズ2期までの18作品が9年に渡り放送されていました。
関東の世帯視聴率(以後視聴率)のピークは機動戦士ガンダムOO(2期)の4.47%。
その後はだいたい3%±1%程度で推移してきました。

(こんな事言うと誤解をうけるかもですが、いわゆる「女性に人気のアニメ」の方が世帯視聴率が高かった傾向ですよね。銀河美少年は女性受けしなかったのかなあ・・自分大好きだったのになあ・・)

あと、分割4クール(半年放送して、間を開けてまた半年放送する)は、どの作品も後半2クールが視聴率を落としていますね。この方式、おそらく予算の確保のためには必要なのでしょうけど、視聴率的には良くない感じです。

2016年10月から「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」(1期)が放送されましたが、視聴率的には振るわず(2.25%)、その後に「僕のヒーローアカデミア(3ヶ月間放送;2.45%)」「アルスラーン戦記風塵乱舞(2ヶ月放送;2.15%)」「七つの大罪 聖戦の予兆(2ヶ月放送;1.85%)」と比較的での短期放送の後、

鉄血のオルフェンズの2期が放送されましたが、ネット上では話題になるものの、視聴率的には振るわず、最終的に2%を切る結果(1.95%)となり、日5のアニメ枠が消滅してしまいました。

もちろん枠の維持に必要なのは視聴率「だけ」ではないと思われますが、鉄血のオルフェンズ(1期)以降、世帯視聴率がずっと2.5%以下だったの「も」日5枠が消滅した1つの要因であるものと思われます。

特に「鉄血のオルフェンズ」はプラモデルなど関連商品の販売が好調、という声も聞こえていただけに、関連商品(プラモデル、ブルーレイ等)の売り上げが良いだけでは、枠の維持が出来なかったことが伺えますね。

プリキュアは大丈夫か?

で、プリキュアです。
(ここ、実はプリキュアのブログなのです)

実は最近、プリキュアも「世帯視聴率」が良くありません。

f:id:kasumi19732004:20170430182407p:plain

ピーク時には7.9%もあった世帯視聴率は、「魔法つかいプリキュア!」において3.2%と3%台に突入しました。このままの推移でいくと2017年「キラキラ☆プリキュアアラモード!」も3%台は確実、下手をすると2%台になる可能性もあります。
(別にこれは批判している訳ではなく、傾向分析するとそうなる可能性が高いのです)


プリキュアの場合、日5などとは違い、大人の視聴数が数字のほとんどを左右する「世帯視聴率」はそれほど重要でなく、どちらかと言えばKIDS視聴率の方が重要ではあるとは思います。
その辺りは過去記事にあります。

prehyou2015.hatenablog.com

 
更にプリキュアの場合は「おもちゃの売り上げ」「関連商品の売り上げ」が良ければ、プリキュアというアニメーション自体は安泰ではあると思います。

しかし、このプラモデル等関連商品が売れていた鉄血のオルフェンズの日5ですらアニメ枠が終了する事例を見る限り、プリキュアだって安泰では無いものと思われます。

 

日5とプリキュアの世帯視聴率の推移について

そこで視聴率の傾向を見るために、前述の日5の視聴率と比較して、同じ期間で集計したプリキュアの視聴率の動向を見てみました。

f:id:kasumi19732004:20170430161538p:plain

日曜5時アニメの放送期間に合わせて、プリキュアの視聴率を再集計しグラフにプロットしました。

これを見ると、
「日5の視聴率減少率」よりも「プリキュアの視聴率減少」の方が減少幅が大きいのです。

前述した様に、プリキュアの「世帯視聴率」はそれほど重要ではありませんし、プリキュアの世帯視聴率は仮面ライダーの視聴率に左右される傾向にある等、不確定な要因は多く、一概に日5との比較は出来ませんが、事実として、アニメ枠が終了した「日5」よりも、プリキュアの方が世帯視聴率の減少率が大きい事は踏まえておいた方が良いと思います。

バンダイ的にはおもちゃが売れれば良いのですし、講談社的にはたのしい幼稚園などの雑誌が売れればよいのです。

東映アニメーションの株主総会での発言や、バンダイのトップの業界紙のインタビューなどを見る限りプリキュアシリーズ自体が「終了」する可能性は限りなく低いものと思われます。そこは安心して良いと思います。

ただ、自分はプリキュアが好きなあまり、良い情報ばかり選択して「まだ大丈夫だろう」と思ってしまう、いわゆる「正常性バイアス」が無意識的に働いていると思うのです。

アンパンマンの放送枠変更でもバンダイの売り上げは変わらなかった。

プリキュアがこの先、さらに小さな子供向けとしてシフトしていった場合、競合してくるのが「それいけ!アンパンマン」であると思われます。

その「それいけ!アンパンマン」は2016年4月に金曜日の夕方から金曜日の午前中に放送日が変更になりました。

アンパンマン、新しい放送枠よ! 「それいけ!アンパンマン」の放送時間が初めて午前に変更 - ねとらぼ

 日本テレビのアニメ「それいけ!アンパンマン」の放送時間が4月より、現在の毎週金曜16時20分~16時50分から、毎週金曜10時55分~11時25分に変更されます。1988年の放送開始からずっと夕方の時間帯に放送されてきましたが、午前中の放送は今回初となります。

2016年3月期の「それいけ!アンパンマン」のバンダイのグループ全体の売り上げは94億。対しプリキュアは67億。*1

2017年3月期の計画値はアンパンマンが92億。プリキュアは75億です。*2

動向見る限り、ほぼ計画値の通りに着地するでしょう。
つまり「アンパンマン」は、TV放送の時間枠変更によっても、バンダイの関連商品売り上げに影響を及ぼさなかったのです。

当然アンパンマンとプリキュアはビジネスモデルも違いますし、さらに言うなれば枠の移動と関連商品の売り上げを同列に語るのはナンセンスであることは十分に承知しています。

しかし、様々な情報を見てみると、プリキュアシリーズ自体が終わる事は無いにしろ「ニチアサではなくなる日」が来る可能性は視野に入れておく必要はあるのかな、と思い始めています。

 

(おわり)